【由緒】

和布刈神社は、九州の最北端に鎮座する神社で、関門海峡に面して社殿が立つ。社伝によると仲哀天皇九年(200年頃)神功皇后三韓より御凱旋され、御報賽の思召をもって御創建された。古くは「速戸社」や「隼人明神」「早鞆明神」と称され、文化6年(1809年)に和布刈神社となり、足利尊氏、大内義隆などにより社殿が建造されたといわれる。江戸時代に、細川忠興が豊前の大名として入国すると、和布刈神社など五社を祈願所として定めた。その後、小倉藩主となった小笠原氏からの崇拝も篤かった。

本殿は、三間社流造の銅板葺で、明和四年 (1767年)小倉藩四代藩主の小笠原忠総により健立された。

拝殿は明治中期頃の建造で、装飾が多く、屋根に千鳥破風や唐破風を設けた賑やかな造りとなっている。

境内には細川忠興、小笠原氏が寄進した石灯籠などが、航海の無事を守るように立っている。

【御神宝】満珠|干珠(まんじゅ・かんじゅ)

古事記より海幸山幸の神話、昔ホホデミが海中の龍宮城を訪れ、ワタツミの娘の豊玉姫を妻に迎え、また潮満・潮干の宝珠を授かり、それを子孫に伝え、万世途絶えることなき繁栄が続いたと伝えられ、又、神功皇后が三韓を攻めるにあたって従者の安曇磯良を海中に遣わし、潮涸珠・潮満珠の法を授かり、めでたく新羅侵略を成功に導いたとされた。

皇后の考えで和布刈の北の海上一里の所にある奥津島辺津島(今の満珠干珠島)に納め、当社にも金銀白銀で包んだ満珠干珠のしるしが納められている。

【御祭神】

天照大神荒魂

日子穂々出見命

鵜草葺不合命

豊玉比賣命 

安曇磯良神

Copyright © 2015 mekarijinja All Rights Reserved.